まつげ美容液の有効成分

美しいまつげを目指す方を大きくサポートするまつげ美容液には、様々な種類があります。配合されている有効成分によって、まつげに対する働きにも違いがあります。まつげ美容液の有効成分には、どのようなものがあるのでしょうか。

コラーゲン

コラーゲンといえば、スキンケア製品に配合されているものの中でも、広く知られているものです。コラーゲンは保湿効果を期待することができる成分のひとつであり、まつげに十分な水分を与えることができます。まつげが乾燥していると、ビューラーなどを使用する際、まつげが切れやすくなってしまいます。まつげが潤っていることで、このようなまつげのトラブルの防止対策を取ることができます。

ヒアルロン酸ナトリウム

ヒアルロン酸は、保湿効果を期待することができる成分のひとつで、スキンケア製品である化粧水や美容液のほかにも、まつげ美容液などに幅広く用いられている成分のひとつです。

プラセンタ

プラセンタには、細胞を形成するための成長因子を備えており、コラーゲンやヒアルロン酸の働きを大きくサポートするという特徴を持っています。そのほかにも、様々な働きを持っている注目度の高い成分のひとつでもありますが、コラーゲンやヒアルロン酸と共に配合されていることで、よりまつげの保湿を必要とされている方をサポートします。

酢酸トコフェロール

酢酸トコフェロールとは、ビタミンE誘導体のことを指します。ビタミンEは、血行を促進する働きがあるということで、様々なスキンケア製品に配合されていることが多い成分ですが、まつげの成長にとって、血行がより良く促されることは、大切な要素のひとつです。

植物エキス

植物エキスの中には、様々な働きを持っているものが数多くあります。まつげに必要な成分を含んだものや、まつげの修復に欠かせない成分などを含んでいるものもあるようです。自然由来の成分であることで、まつげに優しく働きかけるという特徴を持っています。

褐藻エキス

褐藻エキスは、昆布などの褐藻類から抽出されたものです。褐藻エキスには、独自のぬめりがありますが、この成分は高い保湿効果を備えているため、まつげに十分な潤いを与えることができます。