ルミガンの効果と使い方

まつげ美容液を必要とされる方の多くは、まつげが長く濃く太くなるというような、美しいまつげを目指しておられます。まつげ美容液として注目されているルミガンは、もともとは緑内障治療用点眼薬として開発されたものです。ルミガンの効果と使い方は、どのようなものなのでしょうか。

ルミガンの効果

ルミガンには、ルミガンを緑内障治療用点眼薬として使用を続けていた方から、まつげが伸びるという報告が相次いだという背景があります。後に、ルミガンに配合されている成分である、ビマプロストの副作用でまつげが伸びる効果があることが見つかり、まつげ育毛剤としての需要が大きく高まりました。ルミガンに含まれているビマプロストは、まつげの生成を促す作用だけではなく、まつ毛の毛周期の成長期を延長する作用や、メラニン色素を活発に生成する作用があるため、まつげが長く濃く太くなるという効果が、アメリカのFDA(米国食品医薬品局)によって認められています。

ルミガンの使い方

ルミガンは、もともとは緑内障治療用点眼薬であるため、容器が目薬の形をしています。しかし、ルミガンをまつげ美容液として使用する場合には、いくら目薬の形をしているからといって、点眼して使用しないように気をつけましょう。ルミガンを使用する際には、別売りの専用のアプリケーターを使用します。専用のアプリケーターは、1パックで約1ヶ月間使用することができ、1回ごとに使い捨てるタイプのものであるため、毎回、ルミガンを清潔に使用することができます。中には、専用アプリケーターを使い捨てせずに、何度も使い回しをされようとする方も、中にはいらっしゃるかもしれませんが、使い回しをすると、アプリケーターに雑菌がついてしまい、ルミガンの容器の口にも雑菌がついてしまう可能性もあります。できるだけ清潔に使用するようにしましょう。ルミガンを専用のアプリケーターの先に1滴染みこませたら、1日1回、上まつげの根元に塗ります。ルミガンを効果的に使用するためにも、メイクを落として、洗顔した後のまつげが清潔な状態で使用するようにしましょう。