ルミガンとケアプロストの違い

ルミガンとケアプロストは、共に緑内障治療用点眼薬として、開発されたものですが、どちらとも、まつげの育毛効果があることから、美しいまつげを目指している多くの方から、注目されているものです。目薬の容器のままで販売されているルミガンとケアプロストですが、これらには、どのような違いがあるのでしょうか。

販売までの経緯に違いがある

ルミガンは、アラガン社が製造を行っている緑内障治療用点眼薬として多くの方に利用されていた最中に、治療中の方のまつげが伸びるという報告が相次いだため、まつげの育毛剤として販売する時に、専用アプリケーターも同時に販売するようになりました。このことから、ルミガンはまつげ美容液として広く知られるようになりました。これは、ルミガンに含まれているビマトプロストの作用であるのですが、時を経てビマトプロストの特許が切れてしまいます。その際に、特許が切れたビマトプロストを使用して、作られたのが、ケアプロストであり、ケアプロストは、ジェネリック医薬品と呼ばれています。

価格に違いがある

ケアプロストは、ジェネリック医薬品として販売されているため、開発費用が掛かっていません。ジェネリック医薬品とは、特許が切れた後に製造と販売されるもののことを指しますが、開発費用が掛からない分、価格を抑えることができるという特徴を持っています。つまり、ルミガンに含まれている、まつげを長く濃くする働きのあるビマトプロストの成分は、ケアプロストにも同じように配合されているものの、ケアプロストの方が価格が安いという違いがあるのです。

容器に違いがある

ルミガンもケアプロストも、もともとは緑内障治療用点眼薬であるため、容器は目薬の形をしています。しかし、容器やパッケージにやや違いがあります。容器やパッケージに違いはあれど、配合されている成分やその働きは同じであるため、どちらもまつげを長く伸ばし、まつげのボリュームを出す作用は同じです。