ケアプロストの効果と使い方

まつげ美容液は、毎日使用を続けていくことで、理想とするまつげに近づくことができるため、効果が高く、価格を抑えることができるものであれば、言うことありませんよね。ケアプロストは、緑内障の目薬として治療に使用されているものですが、美しいまつげを目指す多くの方に人気のあるものです。ケアプロストの効果と使い方は、どのようなものなのでしょうか。

ケアプロストの効果

ケアプロストは、ルミガンと同様に、緑内障治療用点眼薬として使用されているものですが、ルミガンよりも価格が抑えられているという特徴があります。緑内障の治療をされている方の多くが、ケアプロストに含まれているビマトプロストという成分によって、まつげが伸びるという二次的副作用を体験されていることが報告されています。ケアプロストは、ルミガンとまったく同じ成分でできており、まつげの生成を促す働き、まつ毛の毛周期の成長期を延長する働き、メラニン色素を活発に生成する働きを持っています。まつげの育毛効果は、アメリカのFDA(米国食品医薬品局)認められており、多くの需要があるようです。ケアプロストに含まれているビマトプロストの成分により、長さやボリュームがしっかりとある、美しいまつげを目指すことができます。

ケアプロストの使い方

ケアプロストの使い方は、とても簡単で、1日1回、上まつげの根元にケアプロストを塗ります。ケアプロストは、もともと緑内障治療用点眼薬なので、目薬と同じ形をしています。そのため、まつげ美容液として、ケアプロストを使用するには、使用方法を工夫する必要があります。ケアプロストを上まつげに塗る際に、専用のアプリケーターを使用すると、適量をまんべなく塗ることができます。ケアプロストの専用のアプリケーターは、別売りされており、約1ヶ月間使用することが可能です。まつげの根元にケアプロストを塗る前に、必ずメイクなどは落として、洗顔を済ませて、清潔なまつげの状態にしておきましょう。そうすることによって、ケアプロストに含まれている成分がまつげに浸透しやすくなります。ケアプロストは、まつげに様々な働きかけをするものですが、もともとは医薬品であるため、使用回数を必ず守るようにしましょう。